スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

去年の天気が分かる!デスクトップ壁紙

こんにちは、クリエイティブフレークです。

クリエイティブフレークは東京に事務所があるのですが、このシーズンは雨だったり、夕立だったり、快晴だったり、日々不安定なお天気です。

そこで、毎年自分では気になってしまうことがあるのですが・・・

去年ってこんなに雨が降ったかなぁ、とか、こんなに暑かったかな?とか。



なのでデスクトップ壁紙を作ってしまいました!



カレンダーはもちろん現在の2013年です。
去年の天気と右下の数字が、去年の最高気温/最低気温です。

エリア: 東京、大阪、札幌
カラー: グレー、グリーン
モニターサイズ: 1280×1024、1280×800、1024×768

他には、誕生日の天気が分かったり、暑さはいつまで続くのかなという見通しもつきますよね。

もちろんカレンダーとして使えるので、ファイルやフォルダを置いておくと、締め切りもすぐ分かります! ダウンロード ボタンをクリックすると自動的にダウンロードが始まります。

Written by Creative Flake

Photoshopで文字にアンチエイリアスをかける

こんにちは、クリエイティブフレークです。

Photoshopで文字を書いていると、「太字を選択するほどでもないけど、あと気持ちちょっと太かったらいいのに!」、「あとちょっとクリアに見せたいのに!」と思ったことはありませんか?



そんなときに活用したいのが「アンチエイリアス」です。

「エイリアス」とは曲線がギザギザ、ガタガタに表現されてしまうことで、ドット絵みたいに見えます。

なので「アンチ」って言うんですね。



実際に見比べてみると


▲ヒラギノ角ゴシックPro 24pt



明らかに「なし」を選択したものはギザギザです。

「太く」と「シャープ」はちょっと太い感がありますが、「鮮明」と「なめらか」の差が難しいですね。



今度はフォントサイズを変えてみました。


▲ヒラギノ角ゴシックPro 14pt



個人的には、文字が太くなる「シャープ」と「太く」がややジャギー感(ギザギザ感)が残っていますが、「鮮明」と「滑らかに」はフォントサイズを小さくしたときに潰れてしまいやすいイメージです。



では実際どうやって変更するの?なのですが、Photoshop CS6を例に説明します。


▲テキストツール(Tの形)を選びます




▲文字を書いたら上のアンチエイリアスを選びます(うちのマシンが英語ですみません)

Web用や印刷用など、用途によって強弱を使い分けたいですねヽ(・∀・)ノ



Written by Creative Flake

冷やし中華、ありません。

こんにちは、クリエイティブフレークです。

冷やし中華はしょうゆ味もゴマ味も決めかねるほど大好きです。

ただ、西荻のおしゃれなワインバー「ムグルマ」さんでは、大切なお知らせをしていました。



Written by Creative Flake

祝!!富士山世界文化遺産登録

こんにちは、クリエイティブフレークです。

22日(土)に、富士山が世界文化遺産登録されたのを受け、Googleのホームページも素敵な感じになっていました。


富士山のイラストにGoogleのロゴ。

それをクリックすると「富士山」という検索結果が。


もちろんトップにはニュースが並んでいました!(オメデトー!!)



世界文化遺産と世界遺産って、何が違うのって疑問に思ったので調べてみました。

ウィキペディア師匠によると、世界遺産の中に、「文化遺産」、「自然遺産」、「複合遺産」というカテゴリがあるそうで・・・。

今回富士山はその最も多い文化遺産で、他には広島の原爆ドームや日光の寺社、記憶に新しい白川郷もそれに入ります。

自然遺産には屋久島、知床などが入るようです。

さらに複合遺産はもっとすごい!文化遺産と自然遺産の両方を備えていなければならないらしく、ペルーのマチュピチュ、中国の黄山やトルコのカッパドキアもそれに当たるそうです。



でも、世界遺産って世界にいくつあるの?って疑問に思ったので、調べてみました。

2012年の段階で962件あり、さらに2001年〜2012年の10年間で274件新たに登録されたようです。

これはどれだけ増えるかというと、1年間で平均して約27件の新規登録があるとすれば、

20n2年(nは自然数)には  962+27(n-1)+σ 件  (σは抹消数+誤差)



世界遺産が1万件を越えるのは298年後ということになります。

世界遺産が1万件って、ありがたみがないなぁと思ってしまいますし、世界にそんなに場所があるのかというのも疑問です。

自分の目で確かめるべく300年後まで生きていたいなと思うのですが、人間の一生なんて自然に比べればちっぽけですね。



それはそれとして、ニュースから一夜明けた三鷹駅改札前ではもうこんな催し物がありました。





Written by Creative Flake

今すぐ応募できる フォトコンテストのまとめ

こんにちは、クリエイティブフレークです。


▲うちの二眼レフ シーガル上海 ヤフオクで10年前に購入

みなさんは撮った写真はどうしてますか?

プリントしたり、友達や家族にメールで送ったり、SNSでシェアしたり・・・

今回は「フォトコンテストに出してみる」案をご紹介。
今すぐ応募できるコンテストを集めました。



【1】カメラのキタムラ 「365日フォトコンテスト2013春夏」


カメラ屋さんの定期コンテスト。

テーマが選べるのが魅力で、得意分野でチャレンジ可能です。

中・上級者部門と初心者部門があり、撮影するカメラも一眼レフからスマホのカメラまで何でもOK!

スマホコースっていうのもおもしろそう。

■締め切り:7月15日(月)
■入賞商品:賞金、カタログギフト等



【2】Adobe 「日本遺産 フォトコンテスト」


祝!富士山世界遺産登録!!

あのアドビさんが主催するコンテストです。

未来に残したい、世界に伝えたい、美しい場所や建造物などの写真を募集しています。

■締め切り:7月31日(水)
■入賞商品:賞金



【3】ぴあ 「おもしろ動物 フォトコンテスト」


動物好き必見のフォトコンテスト。

愛するペットも動物園も・・・思わず吹き出してしまいそうなおもしろ写真を大募集です。

■締め切り:6月28日(金)
■入賞商品:QUOカード等



【4】ゆりかもめ 「カレンダーコンテスト」


撮った写真が2014年のカレンダーとして採用されるコンテスト。

ゆりかもめの車両や駅、街の風景などをテーマに募集。

■締め切り:8月31日(土)
■入賞商品:現金、グッズ等



【5】フォートラベル 「一度は行きたい、ASEANの名所フォトコンテスト」


日・ASEAN交流40周年記念のコンテスト。

インドネシア・フィリピン・シンガポール・タイ・ブルネイ・カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムに行って撮った写真を大募集。

もちろんこの夏旅行の計画がある方もチャンス!

■締め切り:8月31日(土)
■入賞商品:ASEAN諸国政府観光局提供グッズ、航空会社往復航空券等



Witten by Creative Flake

iOS7に学ぶ 愛されフォント

こんにちは、クリエイティブフレークです。

先日アップル社よりiOS7の詳細が発表となりましたね。

iPhone史上最大の変更とも言われる今回のニューバージョンですが、デザイン面ではフラットデザイン&クリーンなフォントが見どころとなりそうです。



ところで、この「7」にも使われているフォントは、「Helvetica Neue(ヘルベチカ ノウエ)」のSuperlight(極細)です。

このフォントの特徴は見やすさ、美しさの両方を持ちながらも、可愛らしさがあると言われており、世界中に多くのファンがいるほどです。



ちなみにAppleのMacにはHelveticaはデフォルトでインストールされています。

このHelveticaファミリーフォント(HelveticaにはNeueの他にも種類があります)は意外と身近なところで見かけるものも多くあるのですが、例えばこれ。


これはJRグループで使用されている駅名標と呼ばれるものですが、この「Tokyo」などのアルファベット部分がHelveticaです。



さらにこんな企業ロゴにも使用されています。


▲パナソニック


▲ポストイット


▲オリンパス

企業の顔を表すロゴに使用されるほど、長年使えて、誰からも愛されるフォントなのですね。



クリエイティブフレークをHelvetica Neue Superlightで書くとこんな感じ。



意外といいかも!



Witten by Creative Flake

ガラパゴス化した電子辞書

こんにちは、クリエイティブフレークです。



引き出しの片付けをしていたら、電子辞書が出てきました。

この電子辞書はおそらく2005年〜2006年ごろに新宿西口のヨドバシカメラで買ったと思います。

もちろん、ちゃんと動きます。(バックライト機能付き!)



でも、今はネットの辞書も発達して、スマホでもオフラインで使える辞書もあるし、電子辞書の使い道がありません。

子どものときに使っていた紙の辞書、あれは重いけど印刷物だからこそメリットがあると思ったことが何度もあります。

例えば、同音語は隣同士に書かれているから、同時に見比べるとこができるし、何度も引いた単語は、そのページの位置まで覚えてたりするんです。

電子辞書の今後の行く先が気になるなぁ。