スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

Googleの検索結果から情報を削除する方法(2015年12月現在)

削除できるもの 確実に削除できるコンテンツとしては、「法律に基づく削除」で具体的には次の2点です。

・児童ポルノ
・デジタルミレニアム著作権法(音楽、動画、ソフトウェアなどの無断コピー、海賊版など)に抵触するもの



削除できる可能性が高いもの ・個人情報 特に以下のもの

○国が発行する識別番号(マイナンバーなど)
○銀行口座番号
○クレジット カード番号
○署名(サイン)の画像
○当人の承諾なしにアップロードまたは共有された、ヌードや露骨な性描写を含む画像

個人情報でも削除の対象とならないものとして
○生年月日
○住所
○電話番号



それらの情報を利用して、金融取引に使えたり、身元詐称に使えたりするものは削除の対象です。
また公的な情報は削除の対象になりません。



コンテンツやページを削除する方法 まずはサイトの管理者に連絡し、削除依頼することをGoogleは推奨しています。

その方法としては、
1.当該サイトの「お問い合わせ」や連絡先メールアドレスがあればそこから連絡をする
2.上記1のお問い合わせなどの連絡先がない場合、whoisを利用して、ドメインの所有者の連絡先を確認する
3.上記2の直接の連絡先がない場合、サーバーホスティング会社に問い合わせる



なぜサイト管理者に連絡するのか? 仮にGoogleが検索結果から情報を削除したとしても、そのWebページやコンテンツは残ったままです。
URLもそのまま存在するわけなので、直接URLにアクセスするとページは見える状態にあります。



クレジット番号やマイナンバーなどの情報が公開されている場合 クレジット番号やマイナンバーなどの個人情報が含まれる場合は、できるかぎりサイト管理者に連絡したうえで、Googleにも確認してください。
https://support.google.com/websearch/troubleshooter/3111061



Written by Creative Flake

撮った写真の肌をすべすべ&なめらか美肌に補正

Photoshopでプリクラみたいな、なめらか美肌に補正するTips。
今回は写真全体に補正します。





1. 写真をPhotoshopで開きます

写真の解像度は、補正可能なくらい、ある程度大きな方がよいです。
肌の細かい部分が見えるまで拡大します。



2. 背景(元画像)のコピーを作成します

背景(元画像)レイヤーを右クリック→「レイヤーを複製」または
「レイヤー」メニュー→「レイヤーを複製」

複製したレイヤーをひとまず新規グループに入れます。



3. コピーしたレイヤーにぼかし(表面)

「フィルター」メニュー→「ぼかし」→「ぼかし(表面)」で
プレビューを見ながら、数値を調整します。
程よくつるっとしたところ、まで。



4. 新規レイヤーを追加し、グレーで塗りつぶします

レイヤーをひとつ追加し(新規レイヤーを作成)、2.で作ったグループの中に入れます。
元画像のコピーが下、新規レイヤーが上となるように。

塗りつぶしは「塗りつぶしツール」または、「編集」メニュー→「塗りつぶし」→「50%グレー」



5. グレーのレイヤーをハードライトに

4.で作ったグレーのレイヤーの描画モード(ブレンドモード)を「ハードライト」に変更



6. さらにノイズを加えます

グレーのレイヤーを使って、さらに自然な感じにするためノイズを加えるため、
「フィルター」メニュー→「ノイズ」→「ノイズを加える」

このとき、「ガウス分布」で「グレースケールノイズ」を選択します。
ノイズの「量」はおそらく、1〜2でよいと思います。



7. またさらにぼかす

今ノイズを加えたレイヤーは、まだドット感があるので、これをさらにぼかします。
「フィルター」メニュー→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」

この値も1〜2ほどでよいです。



8. で、完成しました

今回は写真全体にフィルターをかけましたが、髪もツヤツヤになります。

元写真の明るさや色味によっては、明るさを明るくするとさらに赤ちゃん肌に、色相では赤み〜オレンジ系を上げると健康的な肌になりますよ。



Written by Creative Flake

404ページを作成し、SEOとして利用しよう

404ページとは 404ページとは、Webサイトにアクセスしたときに、アクセスしたページが存在しない場合や、リンク先URLが変更となった場合、あるいはURLの打ち間違いなどの際に表示されるエラーページです。

Webサーバが、「404」というステータスコードを返すため、404ページと呼ばれています。

特に404ページを設定していない場合は、ISP(インターネットサービスプロバイダ:回線事業者)が用意している404ページを表示します。



なぜ自分で404ページを作成するのか? 自分で404ページを作成するのには大きなメリットがあります。

404ページは、通常のWebページと同様に、自由な内容、自由なレイアウトで作成できます。

そのため、訪問ユーザにとって有益な情報を記載するのがよいと言えます。

たとえば、
・ユーザが探していたページを案内する
・他の役立つページをおすすめする
などが挙げられます。



効果的な404ページの作成方法
ユーザにより長くサイトに滞在させ、有益な情報を提供する404ページの作り方の例です。

●まずユーザに、探しているページが存在しないことを、分かりやすく、親しみやすく伝える
これは最低限必要です。
例えば、「お探しのページは見つかりませんでした」、「ごめんなさい、ページが存在しません」など、サイトの雰囲気に合わせて文言を変えるとよいでしょう。
単に「404エラー」とだけ表示してしまうと、ユーザにとっては「何のことだろう?」「どうすればいいんだろう?」と思ってしまう人も少なくはありません。

●404ページをそのサイトの他のデザインと統一させる
ヘッダー、フッターを他のコンテンツページと同じものを利用すると、404ページも同じサイトなんだと理解しやすくなります。
突然白紙のページが現れるとびっくりさせちゃうかもしれません。

●404ページから先を行き止まりにしない
つまり、404ページにはボタンやリンクを配置し、「トップページへ戻る」、「人気の記事はこちら」、「最新情報はここからチェックできます」など、その先にも道を作ってあげることが重要です。

●リンク切れしたページをユーザに報告させる
ページがリンク切れしていたのに、サイト管理者も気づかなかった、ということもあるあるです。
そのような場合、リンク切れしていたページ、あるいはリンク元ページをその…