スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

「スマホなくしたっぽい。」人必見!Googleアカウントでスマホが見つかる!?

バッグに入れたはずのスマホが・・・。
あれ? ポケットにもない!? え??ホントないんだけど! ええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!

ってなる前に読むと、落ち着いてスマホが探せますよ。
もちろん、今まさにスマホないっぽい!人も参考に。

※Androidユーザのみです。

まずはGoogleのマイアカウント「ログインとセキュリティ」にアクセス 1. 「ログインとセキュリティ」にアクセスしましょう。

2. 「スマートフォンを探す」から、なくした or なくしたっぽいスマホを見つけます。

3. 登録している端末を選択



この「ログインとセキュリティ」からできることは6つあります。



① スマートフォンをロックする
② スマートフォンに電話をかけてみる
③ スマートフォンでログアウトする
④ 携帯通信会社に連絡する
⑤ 最寄りの遺失物取扱所に連絡する
⑥ 端末のデータの消去を検討する




スマートフォンをロックする こんなときにおすすめ↓↓↓↓↓
普段ロックかけてない人。まずはロックしとけば勝手に中身見られないだろう!!

1. 「スマートフォンをロックする」を選択
2. ロック解除用のパスワードを入力(必須)
3. 発見者に読んでもらうメッセージを作成(任意)
4. 発見者に電話してもらう連絡先を入力(任意)


▲ロック用のパスワードを入力して「ロック」すると


▲ロック完了です。


▲スマホ側でもちゃんとロックされていました。



スマートフォンに電話をかけてみる 探したんだけど見つからない。

「ログインとセキュリティ」ページ右上の「着信音を鳴らす」からは、着信音最大音量でスマホを鳴らせます。

まずは携帯に電話してみよう。
固定電話や他の携帯がない場合は、チャットツール(LINE、ハングアウトなど)の電話機能も使ってみて!(とGoogleは言っています。)



スマートフォンでログアウトする PCなどからスマートフォンのGoogleアカウントをログアウト。
知らない人にアドレス帳を見られたり、何かを購入されてしまったりするのを防ぎましょう。



携帯通信会社に連絡する ここまで結構探したんだけどやっぱないわ。
という人は契約している通信会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)に連絡しましょう!

通信会社では
・SIM カードの無効化
・新しい SIM カードの注文

白の可能性は無限大!無料の白い背景10個まとめ

使用度の高い白とグレーを使った、無料でダウンロードできる背景パターンを集めました。
定番・王道パターンから、最新トレンドのパターンまで素敵なパターンをまとめています。



大きめ白菱型パターン 立体感のあるグラデーションの白菱型パターンはふんわりとした印象にも、ラグジュアリーな印象で、美容系やウェディング系にも使える素材。

大きめ白菱型パターン素材のダウンロード



小さめ白菱型パターン こちらも自然な感じに立体感のある白菱型パターン。背景はもちろん、ボタンの一部にしても使えそうなおしゃれな素材。

小さめ白菱型パターン素材のダウンロード



四角なパターン 幾何学的な空間のような四角モチーフのパターン。奥行き感があって、Web素材にも印刷用素材にも使えそう。

四角なパターン素材のダウンロード



ネットワークなパターン 点と点を線でつないだ、ネットワークのような格子状パターン。スタイリッシュな印象にぜひ。

ネットワークなパターン素材のダウンロード



六角形のシームレスパターン 六角形をモチーフにしたつなぎ目のない、シームレスパターンです。色を変えたり、透過度を変えてみてアートな印象にも。

六角形のシームレスパターン素材のダウンロード



四角格子のパターン ドットでつないだ四角形の格子のパターンは、かわいい感じに。

四角格子のパターン素材のダウンロード



白のポリゴンパターン 自分で描くと結構大変なポリゴンパターン。数年前から人気継続中です。

白のポリゴンパターン素材のダウンロード



白のポリゴンパターン 上のポリゴンパターンとはちょっと違う、折り紙を折ったようなパターン。人とは違うポリゴンを探していたという方はぜひこちらを。
白のポリゴンパターン素材のダウンロード



セールっぽい放射状のパターン 白い放射状はクリーンでおしゃれ。中心を引き立てたいときにも、背景にももちろん。
セールっぽい放射状のパターン



三角形のパターン どんなイメージにも使えそうな三角形のパターン。ちょっとした色のアクセントでさらに目を引く印象に。
三角形のパターン素材のダウンロード







Written by Creative Flake